浸透探傷試験は、磁性、非磁性、金属、非金属に関係なく、吸湿性のある材料以外に広く利用され、最も有害とされている表面開口きずの検出能に優れています。毛管現象を利用し、実際の開口部の寸法よりも拡大した指示模様を形成させ、きずを検出する方法です。


1.表面及びきず内部の汚れを取り除く


2.きずに浸透液を浸透させる


3.余剰浸透液を取り除く


4.毛管現象によりきず内部の浸透液を吸い出す


特長


1吸湿性材料以外のあらゆる材料に適用可能
2あらゆる方向のきずを検出可能
3表面開口きずの検出能が高い

割れによる浸透指示模様(染色浸透探傷試験)


割れによる浸透指示模様(蛍光浸透探傷試験)

検査仕様

1検査対象:多孔質、吸湿性のない材質
例)各種溶接部、鋳鋼品、鍛鋼品等
2対象温度:常温~200℃

備考

1表面開口していないきずは検出不可
2探傷剤による劣化損傷の恐れがある材質には適用不可