磁粉探傷試験は、鋼管や棒鋼をはじめ鍛造品、機械加工された機械部品など、鉄鋼材料、溶接部等の表面探傷試験方法として、広く利用されています。試験体に磁束を流した場合、試験体表層部のきず部で漏洩磁束が生じます。磁粉をその部分へ適用することにより、磁粉同士が吸着し、互いにつながって識別できるようになります。





特長


1面状きずの検出能が高い

表面及び表面近傍のきずの検出能が高い

1検査対象:強磁性体
例:鉄(Fe)、ニッケル(Ni)鋼

極間法による探傷状況


コイル法による探傷状況